シンラドーム

1.科学ライブショー「ユニバース」

毎週土曜日の午後に行っています。
第一線で活躍している研究者による科学ライブショーです。コンピュータシミュレーションやネットワークを活用し、天文学をはじめとする最新の科学の話題を紹介します。
リアルタイムシミュレーションで銀河の衝突実験を行ったり、分子の世界を覗いたり、ゲストコーナーに様々な分野の研究者を招いてその成果や苦労をお話しいただいたりします。
また、月に2回程度、インターネットを利用して、アメリカ合衆国・シカゴ郊外にあるヤーキス天文台とのライブ天体観測も行っています。

◆上演時間◆ (土曜日のみ)
 1回目 14:00〜 (リニューアル前より30分早くなりました)
 2回目 15:30〜
 (各回約40分です。)
 
定員は62席です。定員を超えてのご入場はできません。

科学ライブショーの詳細、上演予定コーナーやゲストコーナー出演予定者については、こちら( http://universe.chimons.org/jsf/ )をご覧ください。

2.ドーム投影番組

毎週日曜日から金曜日まで、毎日7回上映します。
そのうち3回は、専用の眼鏡をお掛け頂き、ドーム全体から映像が飛び出してくる立体投影となります。
直径10mのドームスクリーンいっぱいに広がる映像で様々な科学の話題をお楽しみ下さい。
 

「元素の起源を探る ~理研RIビームファクトリー~」
理化学研究所仁科加速器研究センターによる、最先端加速器施設
「RIビームファクトリー(RIBF)」の紹介。原子核の構造と反応を調べ、
元素の起源解明を目指す研究と大規模な実験設備を迫力ある映像で
ご覧ください。

「セントラルドグマ」
 理化学研究所横浜研究所オミックス基盤研究領域(旧・ゲノム科学
総合研究センター)による、人体の細胞の中で実際に起こっている
現象の紹介。ゲノム(DNA)から情報を読み出し、そこに書かれた
設計図通りにタンパク質を組み立てる流れをナノマシンで表現します。

「コズミック・ディスカバリーズ」
 株式会社オリハルコンテクノロジーズによるUniviewと最新の
リアルタイム可視化技術を駆使して作成された、見慣れた場所から
宇宙の果てのサイズまでを容易に体感できるオリジナルの宇宙映像
作品。科学的に検証された最新の天文学研究の成果を紹介します。

 

◆上映時間◆ (日曜日~金曜日、但し毎月第3日曜日を除きます)
  10:30‒10:45 コズミック・ディスカバリーズ[立体投影]
  11:15‒11:30 セントラルドグマ
  12:00‒12:07 Aurora 2013 Solar Maximum
  12:45‒13:00 コズミック・ディスカバリーズ
  13:30‒13:45 元素の起源を探る ~理研RIビームファクトリー~[立体投影]
  14:15‒14:22 Journey to the Centre of the Milky Way(新番組)
  15:00‒15:15 セントラルドグマ[立体投影]

    毎月第3日曜日は、「理研DAY:研究者と話そう」開催のため、
    10:30~(立体投影)・11:15~の2回のみ上映し、
    以降の回は休止いたします。

定員は62席です。定員を超えてのご入場はできません。


cosdis_0.jpg

3.理研DAY:研究者と話そう

毎月第3日曜日の午後に開催します。
理化学研究所の研究者と話そうというイベントです。
研究者と、研究の話はもとより、趣味や好きな本、映画などなど
色々なお話をしてみませんか。

◆開催時間◆(毎月第3日曜日のみ)
 1回目 14:00〜
 2回目 15:30〜
 (各回約30分です。)

定員は62席です。定員を超えてのご入場はできません。
イベントの詳細や出演予定者については、こちら( http://www.riken.jp/r-world/event/2013/rikenday/index.html )をご覧ください。

4.スーパーコンピューター 〜宇宙と分子の世界を探る〜

研究用のスーパーコンピュータ MD-GRAPE2 を動態展示しています。
 
ハイ・パフォーマンス・コンピューティングの世界における最も権威のある賞の一つであるゴードン・ベル賞を受賞したこのコンピュータは、展示物として間近でご覧いただけるばかりでなく、ドーム内で上映される番組の生成やライブショーの上演に実際に使われています。
その他の GRAPE シリーズも解説とあわせて展示しています。
 
 
MDM-0.jpg

【出展団体ウェブサイト】

国立研究開発法人 理化学研究所