展示物貸出にあたり

展示物貸出にあたり

・科学技術館の巡回展示物は、左のインデックスにあります各テーマ(「ラ・ビレット展」、「地球環境展」、「マグネット展」・・・等)毎のパッケージでの貸出になります。
 ※テーマの中の個別展示物単体の貸出は行っていません。
・基本的に当方は、開催前の設営及び操作方法指導ならびに撤去のみ立ち会いを致します。
・イベント期間中の運用はお申込者側で手配いただくスタッフで運用いただきます。


●展示物基本情報

・展示物設営において、お申込者側でご用意いただきたい備品類や設営・撤去工程(参考)については、下記「科学技術館巡回展示物 基本情報一覧」をご参考ください。
 ご用意いただきたい事項については、
  ・展示に必要な台(机)・椅子・パーテーション・電源などの備品類
  ・イベント期間中の運営スタッフ
  ・イベント期間中における、展示物の動産保険の加入
 となります。

・科学技術館巡回展示物 基本情報一覧(約77KB)


●主な流れについて

 実施が決定するまでの主な流れです。

(1)まずはご希望の展示物の空き状況について、お問合せ先までご確認ください。
   ※合わせて見積書がご入り用であれば、下記「●見積もりを依頼される際の確認事項」の内容についてお知らせください。
(2)見積書の送付
   巡回展担当より見積書をお送りします。
(3)借用申込書のご提出
   展示物の内容、見積書などを検討し実施の方向が固まった段階で、巡回展担当宛に実施する旨をご連絡いただきます。
   巡回展担当よりお申込者に、「借用申込書」をお送りいたしますので、必要事項ご記入の上巡回展担当までご提出いただきます。
   ご提出いただいて貸出の本予約となります。
(4)貸出に関する契約書の締結
   実施何か月前等の決まった時期はありませんが、貸出に関わる契約書の締結をお申込者とさせていただきます。
(5)レイアウト案の調整
   実際に展示物を展開する施設の図面等をいただき、どのように配置するか調整をしていきます。
(6)設営(撤去)日程の調整
   事前に展示物の設営・撤去日程を調整していきます。
(7)展示物設営・レクチャー
   当方の設営スタッフが伺い、展示物の設営とイベント開催中運用に関わっていただくスタッフの方々に、展示物の操作等のレクチャーを行います。
(8)イベント実施
   期間中は、お申込者で手配いただくスタッフで運用いただきます。
(9)展示物撤去
   イベント終了後、撤去スタッフが伺い、展示物を撤去して終了となります。


●巡回展示物貸出に関する費用について

 貸出に係る費用については、以下のように展示物貸出基本料と実費経費の合算に消費税を加算したものが展示物貸出費用になります。

・展示物貸出基本料
 科学戦隊「実験ジャー」は1日単位の貸出(実演)料金になります。これ以外の展示物は、貸出期間によって貸出料金が異なります。

・実費経費
 実費経費には主に以下の内容が含まれます。
 (1)展示物往復運送費(設営時及び撤去時の運送費用及び輸送時の保険加入費用込み)
 (2)設営・撤去人件費(設置・撤去の日数、施設の諸条件により異なります)
 (3)設営・撤去人員交通費・宿泊費
  ※旅費は、宿泊を伴うエリアの場合は設営時・撤去時のスタッフ数×2往復分。首都圏エリアで日帰りできる場合は、設営・撤去日数×スタッフ数×2(往復分)
  ※宿泊は必要に応じて(設営時・撤去時の前泊を伴うことがあります)
 (4)管理費(消耗品費なども含む)

●見積もりを依頼される際の確認事項
 基本的には、お問合せいただいたその場での費用の算出はできません。
 以下の条件をお伺いしたうえで、ご希望される場合は後日見積書を提出させていただきます。

・見積もりをするうえで、確認が必要な事項
 (1)借用希望展示物の指定
    どの展示物を借用希望なのかお知らせください。
 (2)実施期間
    イベント自体がいつからいつまで開催されるのか、その期間をお知らせください。
 (3)実施会場
    イベントを実施する会場名と住所をお知らせください。
 (4)設営・撤去の施設側条件について
    展示物によって多少変わりますが、通常の想定では日中(9:00~17:00頃)に会場内で作業ができる前提としています。
    施設側の作業時間が日中に作業ができるものかどうかお知らせください。
    例えば作業時間が夕方からでないとできない等の施設側の条件によって、スタッフ数も変わりますので、設営・撤去の施設側条件をお知らせください。

 以上が確認できた場合に、見積もりを後日提出させていただきます。