トリックアート展(貸出)

トリックアート展 開催要綱

◆展示概要◆
 人間は、文字を発明するよりもはるか昔からイメージでものを考え、イメージでその考えを表現し、伝達してきました。
 「見る」「聞く」「嗅ぐ」「味わう」「触る」などの私たちの感覚の中で「見る」という視覚的世界は、最も重要といえる感覚で、思考の道具でもあり、生活を楽しむための大切な手だてです。
 本展示は、イメージの世界(視覚)を自ら展示装置を操作することで科学的に理解しながら、視覚と脳が判断するトリックアートの絵画や模様に接して、視覚の世界をお楽しみいただける展示です。
 小さなお子さんから親子、高齢者の方まで幅の広い世代でお楽しみいただけます。難しい言葉、解説パネルはありません。自分の目で確かめる展示物です。


詳しくは、展示物一覧(平面に描かれているのに立体的に見える絵、逆さまから見ると別の絵に見える絵、色々な絵を寄り集めて別の絵を表現【ダブルイメージ】、色々な錯視絵を紹介したトランプ、光を当てると立体的に見える写真(ホログラム)、実物そっくりに見える焼き物(フェイク)、科学展示)をご参照ください。
平面に描かれているのに立体的に見える絵
逆さまから見ると別の絵に見える絵
色々な絵を寄り集めて別の絵を表現【ダブルイメージ】
色々な錯視絵を紹介したトランプ
光を当てると立体的に見える写真(ホログラム)
実物そっくりに見える焼き物(フェイク)
科学展示

また併せて、トリックアート展 展示概要もご参考ください。
トリックアート展 展示概要(PDFファイル、約965KB)


◆開催場所◆
・屋内に限ります。また、少なくとも120平方メートルのスペースが必要です。
トリックアート展 レイアウト案参考例(PDFファイル、約43KB)


◆対象者◆
・子どもから大人まで楽しめます。


◆用意していただくもの◆
・展示装置台用机(W1,800mm×D450mm、14台程度)
・絵掲出用バックパネル(レイアウトによって大きく数量が変更になります)
・ロープパーテーション9本程度
・電源※レイアウト条件などによって、数量は変更する場合があります。


◆運営要員◆
・最低常時1名は必要です。


◆展示物設営と撤去◆
・設営に要する時間:当館スタッフ2名で1.5日(レクチャーに必要な時間2時間程度含む)
・撤去に要する時間:スタッフ2名で5時間程度(撤去から搬出までの時間)
※展示物設置、レクチャー後イベント会期初日まで2日程度準備期間を確保し、運営に携わるスタッフの方々だけで運営シミュレーションを行える準備期間を
 設定されることをお奨めいたします。
・運送は2tトラック1車分相当です。


◆開催期間中の展示梱包品保管について◆
・運搬用カーゴ1台、プラスチックケース4箱を展示期間中保管いただく事になりますので、
 W2,000mm×D1,000mm程度の保管スペースの確保をお願いいたします。


◆貸出料金◆
お問い合わせ先にご連絡ください。


◆その他◆
・基本的に当方は、開催前の設営及び操作方法指導ならびに撤去のみ立ち会いを致します。


※本巡回展示物は全国への貸し出し用のものであり、科学技術館内での常設展示は致しておりません。
 ご来館いただいても、通常ご覧になることはできません。
 悪しからずご了承ください。