2017年11月04日

11月4日(土)  科学ライブショー「ユニバース」ノーベル生理学医学賞特別番組【当日先着順,15:30開演】

2017年のノーベル賞生理学医学賞は「概日リズムを制御する分子メカニズムの発見」を
受賞理由としてジェフリー・ホール氏、マイケル・ロスバッシュ氏、マイケル・ヤング氏
の3氏が受賞されることとなりました。

このたび科学ライブショー「ユニバース」では特別番組として、この受賞に関連する
研究分野の研究者をお招きし、この業績の意義についての講演会を開催いたします。
受賞業績の解説だけでなく最新の研究との関わりまで、その分野の一線の研究者
だからこそ話せる科学の臨場感とともにわかりやすく解説してくれる貴重な機会です。
是非、ご参加ください。

■日 時:2017年11月4日(土) 15時30分~16時30分
■場 所:4階B室シンラドーム
■参加方法:当日先着順(定員62名、予約不要)です。シンラドームへ直接お越しください。

■講 師:粂 和彦 先生
■ご所属:名古屋市立大学 大学院薬学研究科 教授
■タイトル:
ノーベル賞を受賞したショウジョウバエの時計遺伝子と私たちの体内時計のしくみ

■内 容:
今年のノーベル医学生理学賞は、体内時計を作る遺伝子である時計遺伝子の研究に与えられました。
体内時計とは、1日の中の時刻を知らせてくれる身体に備わった仕組みで24時間リズムを作り出し、
私たちが夜ぐっすり眠れるようにしてくれます。時計遺伝子は、最初はショウジョウバエという昆虫
を使って調べられました。でも、なぜ、虫を使って研究したのでしょうか?この講演では、身近な
ものなのに、意外に知られていない体内時計の仕組みを、ノーベル賞の研究に基づいて、
わかりやすく説明します。

■参加費:無料 (科学技術館の入館料は必要です)
■備考 :
 ・62名の定員を超える場合にはご入場をお断りする場合があります。
 ・当日14:00からはノーベル物理学賞特別番組も開催いたします。