子どもに教えたくなる!科学技術館 第4話

第4話「ビルのまわりの風」

2016年6月15日号

4階 建設館「風からまもる」

 科学技術館には、思わず子どもに教えたくなるような展示がいっぱい! そこで、科学技術館スタッフが、おすすめの展示アイテムやその楽しみ方を毎回1つずつ紹介します!
「おもしろそう!」「行ったことはあるけどそんなのあったっけ?」と思った方、たくさんの発見と楽しさがある科学技術館にぜひおこしください。



ビルのまわりの風

 まるで工事現場(げんば)のような、4階にある「建設館(けんせつかん)」。この部屋に入ってすぐのところに、なんだかふしぎなかたちの黄色い展示物(てんじぶつ)があるぞ......?
 まどをのぞいてみると、中に青いビルがあるんだ。そして、そのまわりには、赤い旗(はた)がいっぱい! おや、「風速」ってボタンがあるね。おしてみようっと。

 ブーンって音が聞こえてきて、旗がくるっと回ったぞ! ビルの左側(がわ)から強い風がふいて、旗を動かしているんだ。今度は「ターンテーブル」のボタンをおしてみると......、建物(たてもの)が回った!
 あれれ、なんだかおかしいぞ。左から風がきたら、旗は右に向くはずなのに、建物の近くではへんな向きになってる!
 書いてあることを読んでみると、こういうのを「ビル風(かぜ)」っていうんだって。風がビルにあたることで、向きがかわったり強くなったりするんだ。だから、あぶなくないように、建物にはいろいろなくふうがあるんだね。ビルのあなもその一つなんだってさ。



 科学技術館のすぐ近くで、本物のビル風に会えるって書いてあるよ。九段下駅(くだんしたえき)への帰り道の一つに、清水門(しみずもん)を通る道があるんだ。石段(いしだん)を下るのが少したいへんなんだけど、清水門の先の大きな道路に出ると、その内堀通り(うちぼりどおり)の両側にはビルがいっぱい。運がよければ(「悪ければ」かな?)、建物と建物の間や建物の近くで、急に強い風がふいてくることがあるよ。ただ、雨の日だと、強い風でかさがこわれちゃうこともあるから注意してね。〈きょう〉



 まちには人が住む住宅や事務所ビル、橋やトンネルなどさまざまな建造物(けんぞうぶつ)があります。「建設館」のなかには、このような建造物をつくる技術と災害からまもる工夫が、たくさん詰まっています。パズルを組み立てたり、ゲームで建設機械を動かしたり、地震や免震装置(めんしんそうち)の体験もできます。ワークショップのコーナーでは新しい実験が始まりましたので、ぜひ参加してみてください。



こちらのページも見てみよう。
 ・4階建設館
 ・実験ショースケジュール(「つくる」と「まもる」)
 ・一般社団法人 日本建設業連合会




※このコーナーの内容は掲載当時のものです。
 (展示、出展団体・企業名等)
※次号は、2016年8月1日に発行予定です。お楽しみに!