「体験活動」受け入れ

【ご案内】「体験活動」について

中学校等の「体験活動」を目的に科学技術館へのご来館をお考えの学校団体様へ、当館で対応可能な内容についてご案内致します。

科学技術館での「体験」について、特に中学校から、「職場体験」「体験学習」「職場訪問」等を目的としてのご来館に関して多くのお問い合わせを頂戴しますが、同じ「体験」という言葉であっても、各校でお考えの内容は大きく異なっているというのが実状です。
ここでは、その「体験」をいくつかの類型に整理した上で、科学技術館で対応できる可能性があること・対応できないことをご説明します。

科学技術館での展示体験

科学技術館の自由見学をご希望の場合、一般の方と同様にご入館ください。学校団体の場合、グループ別・少人数でのご来館であっても、学校団体としてのご予約を受け付けております。

当館の展示の多くは、「体験型」と呼ばれる、ご自身で見て・触って・からだ全体を使って体感しながら科学と技術に興味・関心を深めていただけるようなものです。科学や技術について何らかの体験をなさりたいということであれば、科学館(博物館)である当館をご見学になることで、その目的は達せられるかと思います。

なお、スタッフによる展示ガイドツアーなどは行っておりません。
館内ご見学の際には、必要であればモデルコースもご参照ください。

展示に関するご質問は、各展示室付近におりますスタッフにお声掛けください。

科学技術館での就労体験

地域の事業所にてある種の就労体験を行うという「職場体験」につきましては、当館が所在する千代田区内の学校に限り、強いご希望があればご相談に応じております。公益財団法人 日本科学技術振興財団 科学技術館運営部(電話03-3212-8544)にご連絡ください。
ただし、幅広い年代の多くの方にお越し頂く社会教育施設かつ有料の施設という性質および運用の都合上、受け入れには多々制約がございます。

また、高等教育機関からのインターンシップや実習等につきましては、学生さんご本人からではなく、大学等の学務・教務担当部門からご照会ください。

科学技術館職員との面談・インタビュー

当館スタッフに対して、調べ学習の一環として科学や技術に関する質問を行ったり、当館展示の詳細な解説を求めたり、キャリア教育の一環として勤務事情や経歴を尋ねたりというご希望につきましては、以下の条件で対応しております。

お申し込み前に

  • 当館見学のご予約は、科学技術館スタッフとの面談(以下、「面談」)の予約ではありません。ご留意ください。
  • 面談の実現には、別途学校様からのお申し込みと、当館からの受け入れ可の回答が必要です。
  • 面談を目的としてのご来館の場合、団体料金ではなく、個人料金の入館料を頂戴します。

受付可能日時

  • 原則として、休館日を除く、火・水・木曜日の開館時間中のみの面談を受け付けます。但し、原則として当館の繁忙期(7月中旬~8月、11月~翌2月)を除きます。
  • 面談は、原則として最長30分です。
  • 当該日時の状況により、ご希望に沿えないことがあります。

受付可能件数

  • 毎月の面談は、先着順で3件までです。
  • 面談希望日の半年前から受け付けを行います。

受け入れ可能人数

  • 1回の面談の受け入れ可能人数は、原則として最大6名です。

質問内容

  • ご質問が決まっていない場合は、面談の受け付けはできません。「後日あらためて連絡します」というようなかたちも不可です。
  • 「科学はどこまで発展しているのですか」「最も進んでいる研究は何ですか」のような漠然とした質問にはお答えできません。
  • ご質問は最大5問です。
  • 質問の内容によって、適したスタッフの都合が付かず、受け入れられないことがあります。

お申し込み方法

上記をご了承いただいた上で、面談をご希望の場合には、申込用紙(PDFファイル)に必要事項をご記入の上、ファクスにてお申し込みください。特に質問内容欄は具体的にご記入ください。
お申し込み内容をもとに検討させて頂き、受け入れの可否を後日ファクスにてご連絡します。ご希望に沿えない場合もございますので、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

学校での充分な事前学習・事前指導にもご協力ください。