12月22日 科学技術館に新展示室「くすりの部屋ークスリウム」がオープン!(~宝くじの社会貢献広報事業~)

「くすりの部屋―クスリウム」は、くすりの研究室をイメージした展示室で、私たちに身近な
くすりについての様々な知識を紹介するとともに、くすりの研究者やくすりに関わる職業を目
指す子どもたちの意欲を育むことをねらった展示室で、以下のゾーンで構成されています。


◆くすりの歴史
人間とくすりの歴史を解説パネルや生薬の実物展示でたどるとともに、製薬に関連した日本人
ノーベル賞受賞者の研究成果を紹介することで、くすりの開発が現在も発展し続けていること
を印象付けます。


◆くすりのいろいろ
普段私たちが利用しているくすりには様々な種類があることを、解説パネルの他、錠剤や点鼻
薬など多様なくすりの形態を展示することで紹介します。


◆くすりはなぜ効く?!
体内に摂取したくすりが患部で効果を示すしくみについて、解説パネルで学んだり、タッチ
パネル式のゲームで体験したりします。


◆くすりと日常生活
くすりの利用に関する基礎知識について、解説パネルや透明ディスプレイ映像で紹介し、
くすりの安全で効果的な使用方法を伝えます。


◆くすりのできるまで
新しいくすりが、その効果と安全性を確かめるために長い時間をかけ、適切な手順を経て
開発されることを、解説パネルや透明ディスプレイ映像で伝えます。


◆チャレンジ新薬研究体験
新薬の研究者になったつもりで、試験管やプレパラートを用いた体験装置を使い、くすり
の合成を映像で見たり、細菌やウイルスの画像を観察したりします。


◆チャレンジ新薬ゼミナール
液体の化学分析や、溶液にとけている物質の抽出実験を通じて、成分を見つけたり、取り
だしたりする体験をワークショップ形式で展開します。


◆チャレンジ ラリー
展示室全体に配置された端末を巡って、くすりに関するクイズに挑戦する「くすり研究員
入門ラリー」に参加して、ラリーカードにスタンプを押して、記念に持ち帰ることができ
ます。