【お知らせ】8月27日(日) 科学技術館 CanSatプロジェクト「公開プレゼンテーション」開催

 科学技術館では2015年から約3年間米国ボーイング社からの助成を受けて「科学技術館CanSatプロジェクト」をすすめて参りました。
CanSatとは空き缶サイズの超小型模擬人工衛星のことで、モデルロケットなどを使い打ち上げ、パラシュートで落下してくる間に温湿
度などデータの計測ミッションや、地上に到達後ローバーで自走させ目的地にいかに正確に早く辿り着くかといったミッションを遂行
するものです。CanSatへの取り組みにおいては物理・数学・工学・プログラミングなどあらゆる分野を学び総合的な課題解決力を育み
実践的な経験を積むことができます。
 本プロジェクトでは約2年半にわたり中高生向けにCanSatに関する講座を行ってきました。最終目的は毎年9月にアメリカで開催され
るCanSatの国際大会「ARLISS」に出場することです。
今回の公開プレゼンテーションでは、ARLISS出場が決まった4名の高校生に、自分たちの目指すミッションや開発した機体の特徴など
についてプレゼンを行います。ご興味のある方はぜひご来場ください。

日時 8月27日(日)11:00~11:30
場所 科学技術館2階 ものづくりの部屋
定員 24名(先着順)
対象 どなたでもご参加いただけます
参加方法 開始10分前から会場で受付
     別途入館料がかかります
     満席の場合は立ち見でご覧いただけます

科学技術館CanSatプロジェクトの詳細についてはこちらをご覧ください。
https://www3.jsf.or.jp/cansat/main/index.html