入会ご案内

2018年度 会員募集について

2018年度の新会員の1次募集を下記の通り行います。
募集期間 : 2018年1月11日(木)午前10時~1月26日(金)午後6時まで
  募集対象 : 新小学3年生 ~ 新高校3年生(2018年4月の学年です)
  募集人数 : 約800名


応募方法等の詳細は、2018年会員の募集要項(入会ご案内)は こちらをご覧ください。


サイエンス友の会への入会手続きは2018年1月11日(木)より、友の会入会募集ウェブサイトから、お申し込みください。1月11日午前10時以前にはご利用いただけません。
      2018年度サイエンス友の会入会募集ウェブサイト
注)
・入会申込は、先着順ではありません。
・定員をこえた場合には抽選を行います。
・お申し込みの前に必ず「募集要項(入会ご案内)」をお読みになり、内容についてよくご確認ください。
・現在会員の方も、新しくお申し込みいただく必要がございます。
・2018年2月以降に、第2次募集を行う場合があります。その際には入会金が異なりますので、入会ご案内をよくお読みください。


 サイエンス友の会のこれまでの教室については、サイエンス友の会実施教室をご参照ください。

※2017年度の会員募集は締切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

      

2017年度サイエンス友の会のおすすめ教室

サイエンス友の会がお勧めする教室です。

☆親子deわくわくサイエンス(小学3・4年生)  「親子deわくわくサイエンス」は、毎回、多くの応募をいただき人気の高い教室です。
毎月異なったテーマで、実験や工作、観察会などを実施いたします。
予定している教室は、北の丸公園ドングリ調査、望遠鏡つくりと月の世界、数楽教室 立体パズル!などです。
親子(保護者は家族会員である必要があります)で役割分担して実験・工作に挑みます!

☆オープン・サイエンス・ラボ(中学生以上・大人 正会員および家族会員)
 中学生以上の皆さんのための特別な教室です。
少人数制で、大学や研究機関の先生方などの専門家から直接指導を受けることができます。
2017年度は企業の研究室訪問やNASAのサイエンティストによる英語での金星画像解析、科学・工学・アートを融合させた教育方法(STEAM)での教室などを予定しています。

☆実験・工作のきほん:カガクのふしぎ
 サイエンス友の会の教室は、学校の理科では学んでいない事柄も多くでてきます。
4月~6月は、道具(はさみ、カッター、ピンセット、メジャー、ハンダごてなど)の使い方をしっかり学んで
練習する教室を設けています。
教室の実施内容によっては、あらかじめ道具が使えることが条件になる場合もあります。
また、基本的な技能が身についていない場合は、教室の進度についていけないこともございます。

☆木遊び道具作り・木遊びくらぶ
 親子で木工工作にチャレンジしましょう。
工作に必要な道具(小刀、工作台など)を自作し、次の教室の時には自分で作った道具を使って工作をしてみましょう。
自作の道具で工作を進めれば楽しさも倍増します。

☆企業連携の教室(施設見学会・主催教室)
 夏休みや春休みを中心に、科学技術館をご支援いただいている企業団体等のご協力で、工場施設や工事現場の見学を実施しています。
社会科見学では見られない場所も案内していただけたりすることがあるので、ぜひ親子で参加していただきたい教室です。
また、企業の社会貢献プログラムの一環としてサイエンス友の会で実施していただく教室は、社会に役立つ技術満載の特別プログラムです。
2017年度開催の教室については、新年度以降の御案内となります。
2016年度には、建設工事現場の見学(建設小町)、セメント研究所での実験、ロボット教室、まさつやベアリング、磁石など、
各企業が研究したり作っているものを用いた
実験教室などを実施しました。