企業連携

サイエンス友の会 企業連携の取り組み

科学技術館サイエンス友の会では、科学技術館の活動にご支援いただいている企業や団体などと協力して、さまざまな教室をサイエンス友の会会員向けに実施しております。
その一部を紹介します。

味の素株式会社 様

  • 「川崎工場見学会」

キヤノン株式会社 様

  • 「手作りできる!カメラのレンズ工作教室」

一般財団法人 石炭エネルギーセンター 様

  • 「J-POWER磯子火力発電所と三菱みなとみらい技術館見学会」

社団法人 セメント協会 様

  • 「太平洋セメント(株)埼玉工場と埼玉太平洋生コン(株)の見学」

一般社団法人 電気学会 様

  • 「東京電力(株)50万ボルト地下変電所と地下ケーブル見学会」
  • 「日産自動車施設見学会」

日本アイ・ビー・エム株式会社 様

  • 「ロボットを作って動かそう(箱崎事業所)」
  • 「ロボットを作って動かそう(幕張事業所)」

一般社団法人 日本ガス協会 様

  • 「ガスの科学館見学会」

社団法人 日本建設業連合会 様

  • 「土木工事の現場を見学しよう!」

日本精工株式会社 様

  • 「見えないマサツを見てみよう!」

一般社団法人 日本鉄鋼連盟 様

  • 東京スカイツリー(R)を支える鉄の技術にせまる! ---建設に使われた鉄のお話と東京スカイツリー見学会---
  • 「ものづくり体験 たたら製鉄実験イベント」

日立金属株式会社 様

  • 日立サイエンス・セミナー「My磁石とMy乾電池でMyモーターをつくろう!」

株式会社 日立製作所 様

  • 日立サイエンス・セミナー「My磁石とMy乾電池でMyモーターをつくろう!」
  • 日立サイエンス・セミナー「コンピューターに言葉をしゃべらせてみよう」

株式会社 日立ハイテクノロジーズ

  • 日立サイエンス・セミナー「30000倍の電子顕微鏡観察をしよう」

株式会社 日立プラントテクノロジー 様

  • 日立サイエンス・セミナー「磁石の力で水をきれいに(凝集磁気分離技術)」

日立マクセル株式会社 様

  • 教材(乾電池など)のご提供

日立マクセルエナジー株式会社 様

  • 日立サイエンス・セミナー「My磁石とMy乾電池でMyモーターをつくろう!」

株式会社ブリヂストン 様

  • (株)ブリヂストン東京工場の見学とタイヤとゴムの実験教室

マブチモーター株式会社 様

  • 教材(モーターなど)のご提供
  • 「モーターがまわるナゾにせまる!」

独立行政法人 理化学研究所 様

  • 「施設見学会」

株式会社 リコー 様

  • 「環境について考えながら、カラフルろうそく作り!」

東京電力(株)50万ボルト地下変電所と地下ケーブル見学会

都心部の電力は,東京圏の外側をとりまく50万ボルト変電所を拠点とし,都心部に向かう27万ボルト送電系統によって高い信頼度を維持しています。

「新豊洲変電所」は,地下式としては世界初の50万ボルト変電所で,建物構造を円筒形として地下掘削時の支え部材を省略するなど,最新のコストダウン設計を反映した拠点変電所の1つです。

また,「新豊洲変電所」と連系する「新豊洲線」は,世界初の50万ボルトCVケーブル長距離送電線(約40km)で,都心に電気を送り続ける大動脈です。

今回の見学会で,普段目にすることができない地下の電力施設を間近に見て,電気が送られている仕組みを学びましょう。

☆日時:2012年7月31日(火)14:00-16:00
☆場所:新豊洲変電所
☆対象:小学5年生以上の正会員と保護者の家族会員
☆定員:15組30名

土木工事の現場を見学しよう!

私たちが住んでいる街では、さまざまな土木工事が行われていますが、実際にその工事はどのようなことがされているか、現場を見たことがありますか?

鉄道と道路が交差する点は交通渋滞も起こりやすくなるので、災害時の緊急避難用の通路やや歩行者の安全のためなどに整備を行っています。
今回の見学会では、高田馬場駅付近という街中での工事現場を見学します。

私たちの生活を便利にするためにどのような工事が行われているか、自分の目で見学してみましょう。

☆協力:社団法人 日本建設業連合会
     鉄建建設株式会社
☆日時:2012年8月1日(水)11:30-13:30
☆場所:山手線新大久保・高田馬場間第一戸塚Bv改築工事
☆対象:小学4年生以上の正会員と家族会員
☆定員:40名

J-POWER磯子火力発電所と三菱みなとみらい技術館見学会



横浜にある、東京に最も近い石炭火力発電所を見学します。
最新鋭の発電所で、世界から注目されている施設です。


発電所では石炭を燃やして、皆さんのおうちで使われている電気を作っています。
そこではどのようにして電気が作られているのか、石炭を燃やしているのになぜ煙が見えないのかなど、実際に見学して確かめましょう。


午後は、三菱みなとみらい技術館で「環境・エネルギー」をはじめとし「航空宇宙」「海洋」「交通・輸送」などのテーマにちなんだ最先端技術について見学します。


☆共催:一般財団法人石炭エネルギーセンター
☆日時:2012年8月3日(金)9:00-17:00
☆対象:小学3年生以上の正会員と保護者の家族会員
☆定員:40名
☆場所:J-POWER磯子火力発電所、三菱みなとみらい技術館


ロボットを作って動かそう(幕張事業所)

この教室は、日本IBMの各事業所にお伺いしてエンジニアの仕事について聞いたり、ロボットを動かすためのプログラミングを体験する教室です。

レゴ・ブロックで作るロボット「ROBOLAB(ロボラボ)」を使って、ロボットの組み立て方、ロボットの動きの制御、光センサーの制御についてなど、日本IBMのエンジニアの方々にていねいにご指導いただきます。

日本IBM幕張事業所、箱崎事業所の各事業所で同じ内容の教室を開催します。

☆共催:日本アイ・ビー・エム株式会社
☆講師:日本IBMのエンジニアの方々
☆日時:2012年8月17日(金)10:00-16:00
☆対象:小学4年生~中学生の正会員
☆定員:40名
☆場所:日本アイ・ビー・エム株式会社 幕張事業所(千葉県千葉市)

ロボットを作って動かそう(箱崎事業所)

この教室は、日本IBMの各事業所にお伺いしてエンジニアの仕事について聞いたり、ロボットを動かすためのプログラミングを体験する教室です。

レゴ・ブロックで作るロボット「ROBOLAB(ロボラボ)」を使って、ロボットの組み立て方、ロボットの動きの制御、光センサーの制御についてなど、日本IBMのエンジニアの方々にていねいにご指導いただきます。

日本IBM幕張事業所、箱崎事業所の各事業所で同じ内容の教室を開催します。

☆共催:日本アイ・ビー・エム株式会社
☆講師:日本IBMのエンジニアの方々
☆日時:2012年8月22日(水)10:00-16:00
☆対象:小学4年生~中学生の正会員
☆定員:40名
☆場所:日本アイ・ビー・エム株式会社 本社(東京都中央区)

日立サイエンス・セミナー(全3回)

第1回 「My磁石とMy乾電池でMyモーターをつくろう!」

磁石ってなんだろう? 乾電池ってどうなってるのかな? モーターってどうして回るのかな?
今回は日立グループの三つの会社が合同で実験や工作を通じて、このような疑問に楽しくこたえていきます。

第1部の「磁石ってなんだろう?」では、磁石の性質や種類など実験しながら磁石の秘密にせまります。実際に着磁器という装置をつかって、自分の磁石をつくります。
第2部の「乾電池をつくってみよう!」では、電気を生み出す乾電池の仕組みについて、乾電池をつくりながら学びます。
第3部の「クリップモーターをつくろう!」では、第1部と第2部でつくった自分の磁石と自分の乾電池をつかって、クリップモーターをつくりながら、磁石と電気によって回転する力を生み出すモーターの仕組みについて学びます。

11:00~12:00 「磁石ってなんだろう?」(講師:日立金属)
12:00~13:00 昼休み
13:00~14:00 「乾電池をつくってみよう!」(講師:日立マクセルエナジー)
14:00~15:00 「クリップモーターをつくろう!」(講師:日立製作所)

☆協力:日立金属(株)
     日立マクセルエナジー(株)
     (株)日立製作所
☆日時:2012年11月4日(日)11:00-15:00
☆対象:小学4年生以上の正会員
☆定員:20名
☆場所:科学技術館4階 実験スタジアムL


第2回 「磁石の力で水をきれいに(凝集磁気分離技術)」

磁石の性質を使って汚れた水をきれいするという、実際に社会で使われている技術について、実験を通して学びます。

また、研究員が日々どのような仕事をしているのか、といった話も写真等を使ってご紹介します。
「ん?水を磁石で?水は磁石にくっつくの?」と思ったあなたはぜひ参加して、自分の目で確かめてみよう。

☆協力:(株)日立プラントテクノロジー
☆日時:2012年11月25日(日)13:30-15:00
☆対象:小学4年生以上の正会員
☆定員:20名
☆場所:科学技術館4階 実験スタジアムL


第3回 「コンピューターに言葉をしゃべらせてみよう」

音声は、人間にとってきわめて自然なコミュニケーションの道具です。
今回の教室では、まず、人間の声に関する不思議な現象をいくつか体験します。

さらに、自分の声を実際に目で見たり、好きな言葉をコンピューターに自分の声でしゃべらせる実験(音声合成)を行います。
最後に、誰の作った音声が一番自然かというコンテストを行います。できあがった音声は、CDに保存し、持ち帰ることができます。

さあ、人間の声に近い音声合成にチャレンジしてみましょう。

☆協力:(株)日立製作所
☆日時:2012年12月16日(日)13:00-16:00
☆対象:小学5年生、6年生の正会員
☆定員:14名
☆場所:科学技術館 事務棟3階 パソコン道場

環境について考えながら、カラフルろうそく作り!

カラフルなオリジナルろうそくを作りましょう!
川、池、滝、海...私たちの身の回りはたくさんの水に囲まれています。
その中で私たちが使ったり飲むことができる水はどれくらいあるでしょうか。
工場からの排水だけでなく、台所からの排水も水を汚してしまっています。
てんぷら油もそのまま流してしまえば水が汚れてしまいます。

この教室では、とける温度が低い油を使ってカラフルなろうそくを作ります。
ハロウィンにもぴったり!
また、(株)リコーで研究している「ドライ洗浄」という方法を使って、
あまったロウをきれいに片づける方法も紹介します。
ドライ(=乾いている)洗浄(=あらう)の様子を自分の目で見てみましょう!お楽しみに。

☆協力:(株)リコー 環境・エネルギー技術開発センター
☆日時:2012年10月27日(土)10:00-12:00 / 14:00-16:00
☆対象:正会員
☆定員:各24名
☆場所:科学技術館 4階 工作室

モーターがまわるナゾにせまる!

くぎなどに導線を何回もまき、電流を流すとくぎが磁石に変身! この性質を応用した代表例が「モーター」です。

今回の実験教室で使用する直流ブラシ付モーターは構造がかんたんで使い易いことから利用はん囲がとても広く、みなさんの家の中では約100個、自動車には約50個、合計150個くらいのモーターが身の回りで活やくしています。

教室では次のメニューを通じて、このモーターがまわるナゾにせまります。

1.【モーターに関係したクイズ】
2.【分解調査】
   ○○○○ーを分解、さらに中に入っている
   モーターも分解してみよう!
3.【実 験】
   分解したモーターの部品をオリジナル実験機にセット、
   5つの実験でモーターが回るしくみをしらべよう!
   モーターを手で回すとどうなるかたしかめよう!

分解調査、実験は参加のみなさん一人ずつにモーター、実験機を準備。
サポートする先生とじっくり実験に取組んでもらい、
モーターの回るしくみが楽しく理解できる内容となっています。

☆共催:マブチモーター株式会社
☆講師:マブチモーター社員
☆日時:2012年11月11日(日)10:30-11:45 / 13:30-14:45
☆対象:小学3~5年生の正会員
☆定員:各12名
☆場所:科学技術館 4階 実験スタジアムL

東京スカイツリー(R)を支える鉄の技術にせまる! ---建設に使われた鉄のお話と東京スカイツリー見学会---

新宿にあるような高いビル、それよりももっと高い建物の建設は、新しい鉄をつくる技術の開発がなければ実現できません。
スカイツリーの建設も、同じです。

スカイツリー建設に使う鋼材には、今までの鋼材とは違う、特別の性能が求められました。

今ある鉄より硬くて強いことのほかに、粘り強いこと、そして溶接のしやすいことの三つの相矛盾する性能です。

今回の教室では、スカイツリーを支える鉄の技術についてお話を聞いた後に、科学技術館4階「鉄の丸公園1丁目」で鉄の実験を見てから、実際に東京スカイツリーを見学します。

☆主催:一般社団法人 日本鉄鋼連盟
☆日時:2012年12月1日(土)11:00-16:30
☆対象:小学校4年生以上の正会員と保護者の家族会員
☆定員:20組40名
☆場所:科学技術館4階実験スタジアムL

ものづくり体験 ---たたら製鉄実験イベント

「たたら製鉄」という言葉を聞いたことがありますか?

「たたら製鉄」は、粘土でつくった箱の形をした低い炉に、原料の砂鉄(酸化鉄)と還元のための木炭を入れて、風を送り、炉内を高温にして鉄を取り出す日本古来からの鉄を作る技術です。6世紀後半に朝鮮半島から伝えられ、江戸時代中期に技術的に完成しました。近代製鉄法の台頭により、明治時代以降「たたら製鉄」は行われることが少なくなりましたが、現在でも島根県で続けられています。
 
科学技術館でこの冬、ものづくり体験―たたら製鉄―を行います。現代の鉄づくりをしている製鉄所の見学後に、日本古来からの鉄を作る技術「たたら製鉄」実験を体験し、実際に鉄をつくり、「ものづくり」の不思議さ・楽しさを肌で感じ取ることができる教室を開催します。

鉄づくりの原理は同じですが、時代とともに変化してきた昔と今の製鉄法に触れることで「鉄づくり」についての理解がもっと深まることでしょう。

この機会にめったにない貴重な体験をしてみませんか?

☆主催:一般社団法人 日本鉄鋼連盟

☆日時・場所:
    【見学会】   2013年1月19日(土) 8:50-12:00
            JFEスチール東日本製鉄所(京浜地区)
    【事前学習】 2013年2月2日(土) 10:00-12:00
            科学技術館事務棟6階第1会議室
    【たたら製鉄】2013年2月3日(日) 8:15-16:00
            科学技術館2号館搬入口前広場

☆対象:小学3年生以上の正会員と保護者の家族会員
☆定員:20組40名

見えないマサツを見てみよう!

「マサツ(摩擦)」はモノが動くときにはたらく目に見えない力のこと。世界中のエンジニアが「マサツ」のナゾを解明しようと日夜研究を重ねています。

今回の教室では、マサツの博士と一緒に実験を通して、マサツの不思議を体験してみましょう。

☆協力:日本精工株式会社
☆日時:2013年3月20日(水)10:00-12:00 / 14:00-16:00
☆対象:小学4~6年生の正会員
☆定員:各20名
☆場所:科学技術館4階 工作室

日立サイエンス・セミナー「30000倍の電子顕微鏡観察をしよう」

へぇ~、電子顕微鏡ってすごいんだ!!
あまり想像したり、考えたりしないけど、実は意外にも私達に近いところで大活躍しています。
いつも眼だけで見ているものを、虫眼鏡で、理科実験室にある光学顕微鏡で、そして電子顕微鏡で見てみたら......

2005年の発売以来、7000人を超える人たちが体験した卓上顕微鏡Miniscope(R)TM3000を使って、30000倍に拡大した世界をのぞいてみよう!

お茶の葉の気孔をスンプ法で写し取って光学顕微鏡で見たら?
同じものを電子顕微鏡で見たらどうなってる?
半導体って何?見た事無いけど...30000倍も大きくして何か見える?
試したい事が山のようにありますね!
チャレンジしたい人はさあ集まってください!!

☆協力:株式会社 日立ハイテクノロジーズ
☆日時:2013年3月26日(火) 13:30-15:30
☆対象:小学4年生以上の正会員
☆定員:20名
☆場所:科学技術館4階 実験スタジアムL

太平洋セメント(株)埼玉工場と埼玉太平洋生コン(株)の見学


みなさんは家庭から出たゴミがどこで、どんなふうに処理されているか調べたことがありますか? 実は、みなさんがよく街でみかける「あるモノ」をつくる資源として、企業が積極的に「ゴミ」の活用に取り組んでいるのです!
それが「セメント」です。

太平洋セメント(株)埼玉工場では、資源循環型システムを見学し、セメントが作られていく様子や、セメントがどんなところで使われているのか、工場の方々に構内を案内していただきながら、直にお話を聞きましょう。ここではセメントの資材を使って、エコプランターも作りますよ!

また、埼玉太平洋生コン(株)工場では、セメントがコンクリートという製品になるまでの過程を見学します。

☆主催:(社)セメント協会
☆日時:2013年3月27日(水) 10:00-15:30
☆対象:小学3年生以上の正会員と保護者の家族会員
☆定員:30名
☆場所:太平洋セメント(株)埼玉工場
     埼玉太平洋生コン(株)

(株)ブリヂストン東京工場の見学とタイヤとゴムの実験教室


株式会社ブリヂストンの東京工場は、自動車の普及・進展に伴って急増する需要に対応するため、東日本の中心的な生産拠点として1960年に誕生しました。広大な敷地では乗用車用と航空機用のタイヤを生産しているほか、隣接している技術センターではタイヤやゴムについての研究も行っています。


自動車はたくさんの部品からできていますが、地面と接している部品はタイヤしかなく、エンジンからの力を地面に伝えることで自動車は進むことができます。 タイヤが「どれだけ効率よく転がるか」は、タイヤづくりにとってとても重要なポイントで、最近耳にする「低燃費タイヤ」とはこの点を向上させたタイヤといえます。


今回の教室では、実際にタイヤが作られていく様子や併設の企業博物館ブリヂストンTODAYの見学、また、専門家からのお話を聞いたり実験をしながらタイヤやゴムについて勉強します。


☆協力:株式会社ブリヂストン
☆日時:2013年3月28日(木)10:15-15:30
☆対象:小学5年生以上の正会員と保護者の家族会員
☆定員:30名
☆場所:ブリヂストンTODAY(東京都小平市)