11月19日(金)~12月5日(日)第52回市村アイデア賞作品展開催

イベントの詳細はこちら




11月19日(金)~12月5日(日)第52回市村アイデア賞作品展開催

イベントの詳細はこちら




11月19日(金)~12月5日(日)第52回市村アイデア賞作品展開催

イベントの詳細はこちら




11月19日(金)~12月5日(日)第52回市村アイデア賞作品展開催

イベントの詳細はこちら




11月19日(金)~12月5日(日)第52回市村アイデア賞作品展開催

イベントの詳細はこちら




12月4日(土) 科学ライブショー「ユニバース」ノーベル賞特別番組のご案内 【化学賞】

このたび科学ライブショー「ユニバース」では特別番組として、
ノーベル化学賞に関連する研究分野の研究者をお招きし、業績の意義に
ついての講演会を12月4日に開催いたします。
受賞業績の解説だけでなく最新の研究との関わりまでをお話しいただきます。
その分野の一線の研究者だからこそ話せる、臨場感があるわかりやすい解説を
伺う貴重な機会です。是非、ご参加ください。

■開 催 日:2021年12月4日(土)
■各回時間:2019年度ノーベル化学賞特別番組  14時00分~15時00分
       2021年度ノーベル化学賞特別番組   15時30分~16時30分

■場  所:科学技術館4階B室シンラドーム 
      東京都千代田区北の丸公園2番1号
      (最寄駅:東京メトロ 竹橋駅、九段下駅)
      http://www.jsf.or.jp/access/map/
■参加方法:当日10時よりシンラドーム前で整理券配布。各回定員31名。


      対象は限定しませんが、通常のライブショーより少し難易度は高くなります。


■備  考:※入館料のみでご覧になれます。
      ※コロナ対策のため、定員を減らしております。定員を超えての
      ご入場はできません。

■内容概要
●2019年度ノーベル化学賞 特別番組
○タイトル:リチウムイオン電池の開発とモバイルIT社会への貢献 


○講  師:松岡 直樹 先生
○所  属:旭化成株式会社 研究・開発本部 研究開発センター
      次世代電池イニシアチブ 次世代蓄電戦略部 部長
      博士(理学)


○時  間:14時00分~15時00分
○内  容:
 「リチウムイオン電池の開発」によって、米テキサス大学オースティン校の
ジョン・B・グッドイナフ教授、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校の
M・スタンリー・ウィッティンガム教授、旭化成の吉野彰名誉フェローの
3氏に2019年ノーベル化学賞が授与されました。
私たちの暮らしはいま、リチウムイオン電池なしでは成り立ちません。
彼らが小型で長持ちする充電式の電池にたどりついた経緯をご紹介する
とともに、リチウムイオン電池という夢の電池がモバイルIT機器の世界的
な普及に貢献するまでの歴史を紐解きます。

●2021年度ノーベル化学賞 特別番組
○タイトル:有機触媒とは何か?環境に優しい第3の触媒


○講  師:秋山 隆彦 先生
○所  属:学習院大学理学部・教授
○時  間:15時30分~16時30分
○内  容:
 右手と左手の関係にあるキラルな化合物は,匂いが異なったり,
薬としての性質が異なる場合があります。そのため,一方の異性体を
選択性よく合成することが必要です。これまで,キラルな化合物を
合成するためには,パラジウムなどの金属錯体や,酵素などの生体触媒が
用いられてきました。List博士およびMacMillan博士は,金属を含まない
有機小分子が,環境に優しい秀れた触媒として働くことを見出し,金属触媒,
生体触媒に続く第3の触媒である「有機触媒」の有用性を明らかにしました。
有機触媒は何か,また何に用いられるのか,最新の研究成果も交えて紹介します。



※インターネット中継を実施予定です。詳細は決定次第ご案内致します。


※なお、生理学・医学賞、物理学賞についての講演会はアーカイブをご覧いただけます。


〇YouTube ノーベル生理学・医学賞 https://youtu.be/JJuojAaXJbw
〇YouTube ノーベル物理学賞    https://youtu.be/eJfJnJld6zk




11月19日(金)~12月5日(日)第52回市村アイデア賞作品展開催

イベントの詳細はこちら




11月19日(金)~12月5日(日)第52回市村アイデア賞作品展開催

イベントの詳細はこちら




12月11日(土)「ネジってネジって楽しもう、ねじブロック!」【事前申込制・メンバー優先】

ねじを見たことのない人は少ないと思います。

でも、「どんな種類」があって、「どんな場所」に、

「どれくらい使われているのか」考えたことはありますか?

私たちにとって、当たり前の存在だけど、無くてはならない"ねじ"。
日常に溶け込み、あらゆる場所で私たちの生活を支えてくれている"ねじ"。
ねじを作っているかたをお招きして、ねじの世界の貴重なお話を聞いてみましょう。

その後は、たくさんの種類のねじだけを組み合わて、立体作品を作れる『ねじブロック』を体験してみましょう。
イベント終了後は、ねじブロックのキット販売も行います。(※講師リモート出演の場合は中止)

参加したあなたは、これからいろいろな場所に使われているネジが気になってしまうこと間違いなし!
20211211_neji.jpg



◆このイベントは、サイエンス友の会 科学技術館ファミリーのメンバー優先イベントです。
 
 メンバー優先イベントは、メンバー以外の方も申し込みできますが、メンバーが優先的に参加できます。
 メンバーの方は、申し込み時にメンバーIDを忘れずにご入力ください。
 


開催日: 2021年12月11日(土)
時 間: [午前の部] 11時00分~12時00分(小学2年生~小学3年生とその保護者が対象)
     [午後の部] 14時00分~15時30分(小学4年生~小学6年生が対象)


講 師: 橋本螺子株式会社(※状況によってはリモート出演の場合があります。) 
会 場: 科学技術館 4階I室「実験スタジアム」スタジアムL
定 員: 午前の部 8組16名(必ず保護者が安全管理のため一緒に参加してください。※保護者がメンバーでなくても可)
     午後の部 18名


参加費: 午前の部 1組2000円

     午後の部 1人1500円

     ※メンバー以外の方は、別途、入館料が必要です

締 切: 2021年12月2日(木)
申 込: 「申込フォーム」よりお申し込みください。 

     ※対象学年に限り、兄弟姉妹でまとめての応募も可能です。
     ※締切日後、メールにてイベント参加のご案内をお送りします。
      応募者多数の場合は抽選を実施し、当落の結果をお知らせします。

その他: 1.当イベントでは、感染対策を講じたうえで、指導者が作業補助のため直接手助けをする場合がございます。

     2.感染症対策のため、見学者の入室はできません。
     3.イベント中は、実施記録用や広報活動用に写真撮影を行います。不都合のあるかたは、お申し出ください。
     4.小学生以下の参加者は、保護者のかたが必ず参加者を会場までお連れください。なお、当館は入館予約を行っています。小学生以下の方は、保護者同伴(※要入館料)でご入館をお願いしております。



◆サイエンス友の会 科学技術館ファミリー詳細ページ